水道修理にまつわるトラブルと対処法

水漏れが起こると、水量によっては床が水浸しになってしまったり、賃貸住宅で水漏れして支払いや業者への依頼に困るなどの問題があります。水漏れが起きてしまったときに被害を最小限にするためにするべきことや、水漏れによって家財に被害が出たときに知っておきたいことなどをまとめました。

■水漏れを発見したらすべきこと

蛇口が壊れて水が大量に吹き出すなど、被害が大きいトラブルが発生した場合、焦って業者に連絡するのはお勧めできません。まず被害を抑えるために水道の元栓や止水栓を閉めて水を止める必要があります。
それぞれの水回りごとに設けられている止水栓と、家に供給する排水管の大本を閉められる止水栓の2種類があります。基本はトラブルの起こった個所に設置されている止水栓を止めて、水が供給されないようにすれば水漏れは止められます。マイナスドライバーで開け閉めするタイプと蛇口のようにハンドルがついているタイプがあり、排水管の出ている壁際や洗面台の下などに設置されているので探してみてください。

■賃貸住宅で水トラブルが起こったら
賃貸住宅で水漏れが起きた場合、自身の部屋から水が漏れて下の階の住人に被害が及ぶ場合や、建物の構造などによって違う場所で新たに水漏れが起こることもあるので注意が必要です。まず修理費用をだれが負担するのかは破損の原因によって異なり、水道の老朽化などが原因の場合はオーナーか管理組合が、借主の過失による場合は借主が負担します。
自己判断で処置をすると責任の所在があいまいになり、近隣トラブルにつながることも考えられますので、水漏れを発見したら水道修理専門業者に連絡して調査してもらうことが大切です。また、原因にかかわらず素早くオーナーや管理会社に連絡することも忘れてはいけません。その後、自分に過失があった場合は迷惑をかけた近隣住民に謝罪と賠償を行い、逆に被害者になった時は被害状況を写真などで記録しておく必要があります。

■保険の内容と申請の確認

水漏れによって被害が出たときに、火災保険の特約や個人賠償責任保険などに加入していると、保険料で修理費を賄うことができます。水道の破裂など予想できない被害を受けた場合、火災保険の契約内容に水漏れ保証や家財の保証が含まれているか確認をして、契約内容に沿った保険金を受け取ることができます。
もしも加害者側になっても、生活の中で責任賠償が発生した際に保証してくれる個人賠償責任保険に加入していれば適用を受けることができます。万が一のときに金銭トラブルになることがないように、自分の加入している保険内容を見直して備えておくことが重要です。

■まとめ
水のトラブルは対応を間違えると二次被害に発展することもあります。水漏れが起こって慌てて対応していては手遅れになってしまうこともあるので、止水栓や保険内容の確認など、事前の備えが必要になってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ