正しく水道を使うことで修理を少なくする

実際に水道の修理のために業者を呼んだ時にどのような流れで作業が行われるのでしょうか。また、自力で対処できるトラブルや予防法など、修理を依頼しなくてもいいように必要なものをまとめました。

■依頼から修繕までの流れ

自宅で排水管の水漏れやトイレの詰まりといったトラブルに見舞われた際は、止水栓を閉めて水の流れを止める応急措置をしてから、修理を請け負っている業者に連絡します。水道 修理業者のほか、持ち家の場合はハウスメーカーに問い合わせる場合もあります。
次に専門のスタッフが訪問し、現状の把握と料金の見積もりを取ります。駆けつけてくれるまでの時間や妥当な料金なのかといった点に気を付け、見積もりに納得できれば作業を開始します。その場ですぐ直せる場合と後日改めて修理に来る場合があるので、緊急性の高さや必要な部品、器具がすぐに用意できるかどうかを考慮して判断します。作業終了後に現場支払いがあり、現金だけではなくクレジットに対応してくれる業者もあります。

■水トラブルの早期発見と予防法
日々使用する水道のトラブルは、どの家庭にでも起こりうることですが、できる限り避けて通りたいものです。そこでトラブルが起こりにくくするための対処法や、原因を早期発見する必要があります。まず現在使っている蛇口やトイレなどが老朽化していないか確認しましょう。
水回りは10年前後で部品などが劣化するといわれているので、定期的にパッキンなどの部品を確認し、古くなったものを交換する必要があります。さらにメーターの動きを確認し使用していないはずのパイロットが動いていたら水漏れの可能性があるので注意が必要です。排水口の詰まりなどは、こまめな掃除で汚れをためないことや、排水口内を吸引カップや市販の薬剤を使って定期的に掃除することが有効です。市販の接続テープで接続部や排水管を覆い水漏れを防止することもできます。

■自分で修理できる場合

蛇口からの水漏れやトイレのウォシュレットなどは、原因によっては自分で修理できる場合があります。これらの水漏れは部品の劣化やボルトのゆるみによって起こっている場合が多いので、漏水している個所から消耗している部品を特定できれば、部品交換だけで解決できます。
ホームセンターや通販で適切な部品を購入できれば自分で分解し部品を交換することができます。故障した場所によって直し方は様々ですが、水漏れの仕方によっては自力では直せないこともあり、故障個所が特定できない場合などは迷わず専門業者に依頼することが大切です。自力で直せれば費用を節約できますが、作業中にほかの個所に不具合が起きたりすることがないよう注意が必要です。

■まとめ
水回りのトラブルが起きたときにどう行動するべきなのかを知っておけば、いざというときの心構えができます。そして、トラブルを未然に防ぐためには日々の手入れやメンテナンスを行い、正しく水回りを使いトラブルを未然に防ぐことが一番大切だといえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ